キャッシュレジスターが多くの企業で導入されている理由

豊かな人生を歩むためにビジネスを成功させよう

レジが必要

中古で販売されているレジについて

お店を開くときに、その支払いの要になるのが、レジスターと呼ばれる機器になり、現在の店舗では必ず設置されています。 レジスターは、レジとも言われますが、新品でもかなり価格は安いのですが、やはり日本製は頑丈だということもあって、中古でも多く販売されています。 これらの中古品のレジは、それだけで専門の販売店もあり、各社競って価格を提示している状況になります。 こうした中古のレジスターの価格は、ノーマルのものであれば、1万円から数万円の範囲で収まるようになっています。 これらの中から、選択することになりますが、現在ではお店の業態に合わせて、おすすめのレジを案内していることもあり、昔に比べて、容易に入手することができます。

レジスターの歴史と今までの製品の進化について

レジスターの歴史は、案外新しく、19世紀末に米国で誕生したのが、その始まりだったのですが、当時は手動式だったのです。 その後電気を使うようになり、その利便性は高くなったことで、特に小売店で販売の記録と小銭の管理をする機械として、広まってきたのです。 またレジを使った時に、印刷されるレシートも、当初は活字を印刷していたのですが、その後ドットインパクト式のプリンタを利用していたのです。 その後感熱紙の普及にしたがって、これを利用する形になり、特に日本などの感じを利用する国で広まってきたのです。 そしてWindowsの登場により、これをレジスターに組み込むことで、ネットワークにも接続しやすくなり、現在のレジの形になっていったのです。